よくあるお問い合わせ

購入前のお問い合わせ

Q. どんな音源に対応していますか?

A. DSFやFLACをはじめとするロスレス・ファイル形式に対応しています。FLAC、ALACはもちろん、WAV、AIFFのメタデータにも対応しています。

マルチチャンネル音源は、保存、ネットワークプレーヤーへの配信は可能ですが、USB-DAC でのダウンミックス再生には対応していません。

 

Q. 何曲くらい入れられますか?

A. 容量が1TBの場合、理論上、CD品質のデータが、約18,700曲の保存が可能です。
※ロスレス非圧縮、ビットレート44.1KHz/16bit、1曲あたり5分とした場合。
※MP3等、データ量の小さい曲であれば、20万曲以上保存することも可能です。
 20万曲以上保存して使用した場合など、動作状態によって、再生中ディスプレイのスクロール表示が遅くなることがあります。
 音楽再生には影響ありません。気になる場合はディスプレイの消灯をおすすめします。

 

Q. 私の持っているオーディオ機器とはつながりますか?

A. 動作確認できたものを順次公開しております。詳しくは対応確認済機器のページをご覧ください。

 

Q. 購入前に事前に試聴できますか?

A. 店頭展示をしていただいているショップで聴いていただくか、試聴会などのイベントで聴いていただくのが一般的です。実機展示をしているショップはショップリストのページに記載しています。試聴会の情報はトップページ記載の「NEWS」やDELAのFacebookページにて随時公開致します。

 

Q. Mac を使って、他メーカーのNASからN1Z、N1Aへ音楽ファイルのコピーすることはできますか?

A. できます。Mac OS Xの画面上、Finderの「サーバに接続」で「他メーカーのNAS」「N1」の両方に接続し、コピーしたいファイル・フォルダをドラッグ操作することでコピーできます。

 

Q. 内蔵ドライブは出荷時にどのような設定になっていますか?

A. N1Zはスパニング、N1Aはミラーリングとなっております。

 

Q. N1AはHDDは1TB×2のミラーリング設定の様ですが、ミラーリング無しの2TBにする事は可能でしょうか?

A. 設定変更は可能です。
それぞれ以下のような特徴がありますので、内容を御理解いただいた上で設定変更を行っていただければと思います。

■スパニング
内蔵されている2台のドライブをまとめて1つのアレイとして使用します。使用できる容量は、使用したドライブの合計台数の容量となります。1台目のドライ ブから書き込みを行い、1台目の空き容量がなくなると、2台目のドライブに書き込みを行います。ドライブが破損した場合、データを復旧することはできませ ん。

■ストライピング
内蔵されている2台のドライブをまとめて1つのアレイとして使用します。使用できる容量は、使用したドライブの合計台数の容量となります。2台のドライブ へ同時に分散して書き込みを行います。データ転送はスパニングより高速となります。ドライブが破損した場合、データを復旧することはできません。

■ミラーリング
内蔵されている2台のドライブを1つのアレイとして使用します。使用できる容量は、1台分の容量となります。同じデータを複数ドライブに同時に書き込んで いるので構成するドライブが破損してもドライブを交換すれば※データを復旧できます(アレイを構成するドライブすべてが破損した場合はデータを復旧するこ とはできません)。
※内蔵ドライブはお客様自身で交換することはできません。当社修理センターに修理をご依頼ください。

 

Q. N1Z、N1Aには、ネットワークプレーヤーとしての機能はありますか。

A. 単体では再生できませんが、USB-DACを接続することで、ネットワークプレーヤーと同様にお使いいただけるようになります。

 

Q. N1シリーズにはUSB3.0がついていますが、USB2.0との互換性はありますでしょうか?

A. USB 3.0 ポートには USB 2.0 対応の機器も接続することができます。その場合は 2.0 の速度で動作します。

購入後のお問い合わせ

■ネットワークプレーヤーでの再生に関して

Q. ルーター経由では音は出たのですが、「ダイレクト接続」ができません。「ダイレクト接続」に設定にすると、プレーヤーのコントロールアプリがN1を認識しなくなってしまいます。

A. 通常は、プレーヤーとN1Z、N1Aを直結する場合も「通常接続モード」のままにしてください。その状態で、コントロールアプリは従来通りご使用いただけます。
「ダイレクト接続モード」は、アプリなしで操作できるネットワークオーディオプレーヤー(本体のボタンや、プレーヤーに付属しているリモコンで選曲・操作 できるもの)と、 N1Z、N1Aだけを接続し、その他の機器(ルーター、ハブ、PCやタブレット等)は一切使用せずに再生するときに設定する特殊なモードです。(「直結の 時に設定するモード」という意味ではございません。) このためPCやタブレットから「しか」操作できない機器には実質的にご使用いただけません。

 

Q. 直結で運用していますが、プレーヤー側でN1を認識せず、一旦プレーヤーの電源を切り、再起動しなければ正常につながりません。

A. 直結に限らず、プレーヤーはサーバーが起動し終わってから起動する必要があります。
特に、N1Z、N1Aの場合、PLAYERポートを用いて直結していただいている場合は、N1Z、N1Aのほうがプレーヤーより先に起動完了していないと うまく動作しません。これは、N1Z、N1Aがプレーヤーとルーターの間に入っているため、N1が起動していない状態では、プレーヤーがルーターと通信で きないためです。
N1の電源を入れ、数秒あとからプレーヤーの電源を入れていただければ、認識します。
もしくは、N1、プレーヤー双方のIPアドレスを固定するのも有効です。これにより起動自体も若干速くなります。

 

Q. N1Z、N1Aの画面に再生し終わった後も曲名が表示し続けますが、なぜでしょうか。また、曲名が表示されている時に電源を切ってしまっても問題ないでしょうか?

 

A. N1Z、N1Aの画面にはプレーヤーから配信を求められている曲名を表示致します。「再生中の曲」ではなく、「配信中の曲」が表示されます。
プレーヤーによっては次回再生を素早く行うために、再生が終わっても配信のための通信をし続けるため、N1Z、N1Aは曲名を表示しつづけます。
従って、実際に音がでていないにも関わらずN1Z、N1Aに曲名が表示されたとしても不具合や故障ではありません。
また、上記の逆で、プレーヤーによっては曲の再生が終わっていないにも関わらず、N1Z、N1Aの曲名が表示されなくなる場合もあります。
なお、N1Z、N1Aに曲名が表示されているときに電源を切っても問題ありません。

 

■USB-DAC での再生に関して 

Q. 動作確認が取れているUSB-DACをN1に接続して使用する際、アプリで選曲したプレイリストの楽曲が連続再生できません。

A. アプリの仕様により異なりますが、楽曲リストをN1側に保存するモード(モード1)を使用することができるアプリ(Kinsky,  Lumin appなど)はモード1に設定することによって連続再生することができます。
  モード1への変更手順:設定>USB-DAC接続機能>コントローラー>モード1

 

Q. USB-DAC接続する際に、N1のどこのUSBポートに接続すればよいでしょうか?

A. USB3.0ポートへの接続をおすすめしています。EXPANSION や BACKUP など他のポートに接続していただいても動作は致しますが、その場合は拡張・バックアップができなくなってしまいます。いずれの場合でも、使用できるUSB-DACは一台だけです。 

 

 

■パソコンからのファイルコピーに関して

Q. Windowsパソコンのエクスプローラーに出てくるN1Z、N1Aを開こうとすると、Windowsメディアプレーヤーが立ちあがってしまいます。なお、ネットワークプレーヤーからは、認識され問題なく楽しめています。

A. Windowsパソコンのエクスプローラー上、N1は「コンピューター」としてと、「メディア機器」として、2つのアイコンが表示されます。
このうち「メディア機器」としてのアイコンをクリックしていくと、メディアプレーヤーが立ちあがってしまいます。
コンピューターとしてのN1を開き、WindowsからN1Z、N1Aのフォルダを読み書きするには次の操作をお願いいたします。
 1)N1の電源を入れ、起動完了後、ディスプレイの右上に「PC」マークが表示されているのをご確認ください。

   もし表示されていない場合は、メニューの「設定」からファイル共有機能を有効にセットしてください。
 2)N1Aのディスプレイに表示されている、
  フレンドリーネーム(N1-XXXX)、
  IPアドレス(XXX.XXX.XXX.XXX)をメモしてください。
 3)Windowsのエクスプローラのアドレスバーに、 2)でメモしたフレンドリーネーム、またはIPアドレスを「\\」または「¥¥(半角)」に続けて入力し、ENTERキーを押してください。
  例
   \\N1-001A
   \\192.168.11.3
 4)以上で、エクスプローラにN1Z、N1Aの「share」フォルダが表示されます。
  ※ユーザ認証画面が表示されてしまう場合は
   ID:guest パスワード:guestもしくは
   ID:nobody パスワード:nobodyを入力してみてください。

 

Q. Windows Update 後、パソコンのエクスプローラーに出てくるN1Z、N1Aを開こうとすると、「指定されたログオンセッションは存在しません。そのセッションは既に終了している可能性があります」と表示され、フォルダが開きません。

A. Windows10(64)のWindows Update による現象のようです(確認中)。下記の回避策をお試しください。

  • タスクバーの ◎(Cortana) で『資格情報マネージャー』を開き、「Windows資格情報」を追加します。
    アドレス:\\(フレンドリーネーム)
    ユーザー名:guest
    パスワード:guest
  • 設定の「ネットワークとインターネット」の「Wi-Fi」もしくは「イーサネット」で、 「このPCを検出可能にする」をオンにします。
  • Windows Update の「更新プログラムをアンインストールする」で「KB3189866」を含む行を選択してアンインストールします。


Q. 「share」フォルダの名前は変えられますか?

A. 申し訳ございません。変更不可となっております。

 

Q. EXPANSIONにUSBフラッシュを接続した場合、USBフラッシュの楽曲は表示されますが、本体(内部HDD)の楽曲が表示されないのでしょうか?

A. USBフラッシュを接続した場合でも本体内部の音楽も同時に表示・選択可能です。
ただし、この場合「By Folder」以下にフラッシュメモリの内部のファイルと、本体内部のファイルが、区別されず「混在」して表示されます。
このため、フォルダー内がフラッシュメモリ内の 楽曲に入れ替わったように見えてしまう可能性がございますが、実際にはこの状態で本体内部の音楽も選択できます。
フラッシュメモリと本体内部に、同じ名前のフォルダがある場合も「1つのフォルダ内に両方のディスクの楽曲が混在」する形になります。
※フラッシュメモリの中の楽曲は、発見出来次第表示されていきますので、大量に存在する場合は、全曲表示されるまでに時間がかかる場合があります。

 

Q. リッピングしたCDデータによっては転送できるデータとそうでないデータがありますが何故でしょうか。また、外付けHDDをバックアップとして接続した場合もリッピングしたCDデータによっては転送できるものとそうでないものが出てくるのでしょうか?

A. Windows 等を使ってコピーする場合、あまりにファイル名・フォルダ名が長いと Windows 側の制約でコピーできない場合があります。このような場合はファイル名もしくはフォルダ名を短縮することでエラーを回避することができます。
外付けHDDをバックアップとして使用した場合は上記のような制限はありません。

 

Q. iTunesでデータをWAVにリッピングしたファイルをN1で使用すると、アーティスト名が表示されません。

A. iTunesでWAV形式で取り込む場合、メタデータはWAVファイルに保存されず別のファイルに保存されていますので、
WAVファイルだけN1にコピーしても、曲名(実際にはファイル名)以外は表示されません。
確実に曲名やアーティスト名を表示させるには、iTunes 上で、同じ無圧縮PCM形式であるAIFFに変換して保存することをおすすめします。
既にWAVE形式で保存されていれば、iTunes上で変換することによりメタデータつきのAIFFを生成することができます。
[ 変換方法 ]
 1)iTunesの設定で、CDリッピングの保存形式を「AIFF」に設定する
 2)曲リストで変換したい曲を右クリックして「AIFF形式で保存..」を実行する
   →WAVと同じ場所にAIFFファイルが生成されます。カバーアートはWAV同様 Folder.jpg ファイルが使用できます。

 

Q. コントロールアプリを使い、N1に保存されている音楽の再生に利用しているが、アプリ上で、画像ファイルが表示されなくなってしまいました。

A. 画像ファイル(カバーアート)の表示方法について下記、2つのパターンがあります。

□以前は表示されていたカバーが表示されなくなった場合
N1内のTwonkyメディアサーバーの楽曲データベースになんらかの不整合が起きたことが考えられます。
下記手順にてデータベースを再構築することができます。

 1)本体前面
  設定メニューの(2)楽曲データベースの強制更新を実行
 2)本体前面
  情報メニューの(4)楽曲データベース が、スキャン完了になっていることを確認します
 3)N1A の電源をオフにする
  一旦リレー音がするまで完全に電源を切ります。
 4)コントロールアプリを再起動する
 5)N1の電源をオンにする
□最初からカバーが表示されない場合

カバーとして使用されているファイルの形式や画像の大きさによっては表示されない場合があります。
アプリに関わらずほぼ確実に表示される保存方法としては下記のような形です。
 ・アルバム毎にフォルダを分ける
 ・各曲のファイルにはカバーアートを埋め込まない
 ・アルバムフォルダ内に「Folder.jpg」という名前でjpeg形式の画像ファイルを配置する
 (画像は 1024 x 1024 画素程度未満にしておく)

 

Q. パソコンから音楽ファイルをコピーしたところ、パソコンのものとは曲順が変ってしまいました。
1曲内に複数トラックがあり、すべて曲名が同じで、曲名の後に1から順に数字が付いています。
N1にコピーしたところ1.2.3・・・とはならず、1.10.11.12・・・19 の後、2.20.21・・となってしまいました。
順に並べる方法がありますか。

A. N1での曲順は、基本的には音楽ファイル内の「トラック番号」という情報に沿って並ぶようになっています。
この情報が無い場合は、曲名の部分にある文字列順になってしまいますので
1⇒ 10⇒ 100⇒ 2⇒ のように並んでしまいます。
□方法1
リッピングソフトやタグ編集ソフト等で「トラック番号」、「ディスク番号」を曲ごとに入力。
この情報があれば、曲名の文字によらず、ディスク1 のトラック 1-99⇒ディスク2のトラック1-99とCDにある通りの順に並びます。
iTunesなどでも設定することができます。
□方法2
単純にファイル名にある数字を1 ⇒ 01 のように「0」をつけることで01⇒ 02⇒ 10 ⇒ 11 と並ぶようになります。
※DFF ファイルに関しては一般的な設定方法がございませんので、方法2をご案内しております。

 

■CDリッピング機能について

Q. リッピング後、カバーアートがつなかなったCDにパソコンからカバーアートをつけることはできますか?

Q. リッピング後、パソコンからカバーアートを差し替えることはできますか?

A. できます。パソコンでフォルダを開くと、「folder.jpg」という仮のファイルがありますので、このファイルを一旦削除してから※、同じ「folder.jpg」という名前でつけたいカバーアートファイルをコピーしてください。※Windowsの場合、「上書き」ではエラーになります。

 

Q. リッピングしたファイルを、タブレットを使って削除することはできますか?

A. 「Remote File Manager(iOS)」「X-plore File Manager」「Solid Explorer Classic(Android)」のようなアプリを使ってN1に接続することで、削除することができます。

 

Q. リッピングしたファイルがある状態で、バックアップ機能は使えますか?

A. バックアップ機能は引き続きご使用いただけます。

 

Q. WAV リッピングしたファイルの一部がトラック番号順にならないことがあります

A. 特殊文字を含むタイトルの場合に生じる場合があります。対処法としては、ファイル名を修正し、アンダースコアが1つ以上ファイル名に入らないようにすることで正しい順番になります。今後のファームウェア更新にて修正予定です。

TIPS

  • ホーム画面表示中に「戻る」ボタンを長押しすると、ディスプレイ一時消灯モードに入ることができます。
  • CDリッピング後「完了しました」表示中にCDをセットすると、「もどる」を選択しなくても、自動的に次のCDのデータベース検索に進みます。
  • USB-DACを接続している場合、USB-DACの電源を切ると、ファイルコピー等の速度が上がります(USB-DAC接続中は、USB-DAC再生機能が最優先されるため)。

コンタクト

DELA製品に関する購入前のお問い合わせ、購入後のサポートは下記の窓口までお気軽にお問い合わせください。

下記サポートセンターではお問い合わせ内容を伺い、終話後、当方よりメールにて回答をさせていただく窓口とさせていただいております。電話をいただいた際の即時回答は致しかねます。予めご了承ください。また、メール回答のお受け取りが困難で、お電話での回答をご希望の場合は、お問い合わせの内容を伺う際にご希望のお時間と合わせてお申し付けください。
ただし、受付後に電話回答させていただく日付、時間は必ずしもご希望に添えない場合もございます。
メールでのお問い合わせが可能な場合は、「メールサポート」よりお問い合わせいただきますようお願い致します。
回答はお問い合わせいただいた順に回答させていただきますので、電話・メールによる順序の差異はございません。

※年末年始及び弊社指定休業日、法廷点検日を除きます