DELA はメルコが高品質なオーディオ専用製品のために開発したブランドです。

本サイトでは、世界各国で高く評価を受けているメルコシンクレッツ製品の概要、

およびソフトウェア機能、サポート情報を掲載しています。

(海外ではMELCOブランドで展開しており、一部仕様が異なります。)

レビュー

2019年11月22日

『季刊・Audio Accessory175号』(2019年11月21日発売:株式会社 音元出版)にてオーディオ銘機賞、アクセサリー銘機賞として弊社商品を掲載していただいております。
山之内先生にN1Z/3についてコメントを記載いただいてます。
角田先生に受賞したN1/3シリーズ、S100についてご紹介いただいます。
連載ネットオーディオ日誌として石原先生にN10の導入とデータのお引越しについてご記載いただいます。
角田先生のご紹介内容はPhilewebでもご覧いただけます。


2019年11月15日


2019年8月21日


2019年7月19日


イベント

2019年12月7日(土)、8日(日)

のだや仙台店オーディオ&ホームシアターフェアに参加致します。
日時:2019年12月7日(土)、8日(日)10:00~17:00
会場:夢メッセみやぎ
  

2019年12月14日(土)、15日(日)

スイッチングハブ比較試聴会
和歌山・サウンドラインモノリスでの試聴会にS100・N10・N100が登場いたします。

オーディオから始まったバッファローの歴史

メルコシンクレッツのグループ会社バッファローの前身メルコは、1975年 オーディオアンプメーカーとして誕生しました。

そして1978年、株式会社となったメルコの最初の製品がターンテーブルユニット『3533』でした。砲金製のターンテーブルだけで重量20kg、慣性モーメント3.5トン/c㎡。フライホイールの強大なイナーシャ(慣性)で揺るぎのない回転を得ようとするアプローチは、オーディオファンの方々と直接ふれあって得られたニーズを具現化したものでした。この糸ドライブ・ターンテーブルユニットこそが、バッファローの「ものづくり」の原点です。

 

その後Hi-Fiオーディオの世界から一旦離れたバッファローは、無線LANやNASなど、PC周辺機器開発のトップブランドとして研鑽を重ね、数々の実績を積み上げてまいりました。

 

PCとHi-Fiオーディオ。両者はその市場環境から、「ものづくり」の前提は真逆に近いものになります。大量生産と少量生産。軽薄短小と重厚長大。

極めて短い製品ライフサイクルと、ロングラン。実用本位と高い趣味性。当然、製品の性質もまったく異なるものになります。しかし、「音源ファイル」の登場により、それらを同時に使わなければならない状況となったのです。

 

もちろん、ファイル音源の保存や伝送はこれまで通りの「PC周辺機器」でも、機能的には可能です。しかしオーディオファンの方々からは「オーディオ機器同様の手法で作られたPC周辺機器」に対するリクエストが寄せられ、実際にオーディオ機器同様の使い方をしてしまい、それを想定していないPC周辺機器が故障してしまうこともありました。

 

そして、世界で唯一オーディオ機器メーカーを出自とするPC周辺機器メーカーとして、バッファローは、そのDNAと業界トップブランドとしての技術と実績をあますことなく投入し、「オーディオのアプローチでPC周辺機器を作り変える」ことへの挑戦を決断したのです。これが新たなブランド「DELA」誕生の 経緯であり、同時にDELAの使命でもあります。

 

メルコからバッファローへ、そしてバッファローの豊富な実績をもって再び「オーディオ」というルーツに回帰した DELA。先駆者として、音楽愛好家のみなさまに心から満足していただける「伝送品位」のオーディオ・リファレンスをお届けしてまいります。

 

Au-delà de I' audio numérique,

それはデジタルオーディオの未来のために。